‘喜代子の折々’ カテゴリーのアーカイブ

猛暑

2017年7月20日 木曜日

どうしても返さなければならない本を抱えているので荷物が重かった。炎天下を5、6分かかる図書館への道中、何故かいつにない疲れを感じて、大丈夫かな、と思ったほどだ。この疲れが続いたら、病院に行ってみなければ、と思いつつ講演を聴きに行った。

しかし、そこで冷房に冷やされているうちに、そのだるさも消えていったので、やはり暑さが影響していたのだと安心したものだ。それから句会があったり、カルチャー講座があったり、吟行があったりして、読書はバスや電車の中でしかできない。前回のブログが6月26日なので、もう一か月近く書かなかったことになる。

やっと落ち着いた、というわけではないが、外出の時間に一時間ほどの余裕があったので、書けるだけ書いて置こうと思い立った。この書くという仕事は、無限に時間を奪っていくものなのである。

小説ではないが、そのプロットに悩んでいる最中だったので、昨日はバスを何回も降り損なってしまう。降りるべきところで降りなかったので、次で降りようと意識したが、また頭の中で、プロローグは違う方がいいかも、なんて一瞬おもったら、もう停留場が過ぎていた。仕方がない、駅の一つ手前で降りて銀行の用事を済ませて帰ろうなどと思っているうちに終点まで乗ってしまった。この暑さのせいもあるかもしれない。

緑蔭

2017年6月29日 木曜日

朝霞     駅前広場にこんもりと緑蔭を作っている樹はなんの木なのか。暑くなったこのごろは、緑を見るだけで涼しくなる。それなのに、なんとやっと緑蔭が整った木の枝をばさばさと落としてゆく。写真の右側も同じ樹木であるが、多分今日中に緑を刈り取ってしまうのだろう。

その意図がよくわからない。ここだけではない。なぜか丁度緑蔭を作り始めた街路樹も、みんな棒のようになっていく。これじゃー街路樹を植えた意味もないと思うのだが。

今年の紫陽花

2017年6月20日 火曜日

20170619_122600今年は青ばかり、それも極めて濃い藍色。
私の身丈くらいの高さに咲いているので、剪ってきて部屋で楽しむことにした。
このところ、筑摩書房の『高校生のための批評入門』を読んでいる。以前は単行本だったが文庫本になったものを手にした。エッセイだったり小説だったり対話だったり、著者も必ずしも文学者ではないが面白い。後書きを読むとこの本が生まれたエピソードが書いてあって、それが殊に面白いドラマになっていた。

編集したのは、詩人梅田卓夫・プルーストの研究者服部左右一・『海賊の唄がきこえる』の著書を持つ松川由博・文芸評論家清水良典の四人である。こう書くと偉い編集人たちによって編まれたものと思われがちだが、この『高校生のために批評入門』は四半世紀前に発刊されたもの。しかも、その編者たちは、愛知県小牧工業高校に勤務する同僚としての四人だった。筑摩書房の熊沢敏之氏はこの四人がその地域に集まっていたのは奇跡だった、と書いている。

これには、同じ編者の『高校生のための文章読本』『高校生のための小説案内』があって三部作となっているらしい。

花菖蒲 

2017年6月8日 木曜日

20170608_114656_Burst03  何処へ行っても菖蒲の花盛り。
ことに明治神宮の菖蒲は咲き揃った、という感じで美しかった。
今日まで毎日予定が詰まっていて、そこに「ににん」の編集時期が重なってしまってどうなることかと思った。昨日で、やっと一段落。「ににん」67号のデーターも紙焼き原稿も印刷所に送ってやれやれという感じ。

ににん66号発送完了

2017年3月30日 木曜日

「ににん」の発送は、本当はもっと早く終わるはずだったが、春休みと重なっていたために、発送に手を付けることもできなった。それと吟行企画も一つあった。

足の親指骨折のおかげで、吟行のすべてをキャンセルしてきたが、最後の28日のみは私の当番だったので、実行することにしたのだ。桜がちょうど咲きだすのではないかという期待もあった。

改めて、治りかけた足に無理のかからない靴をさがしてみると、思った以上に履きよい靴も見つかって、みんなに遅れをとることもなく歩けて、快適な履き心地だった。桜は一分咲きという感じだった。

そんなこともあって、本日やっとすべてのににん発送を完了した。とにかく3月中に66号の発送は済ませることが出来た。

昨日の土筆

2017年3月25日 土曜日

170325_0845~01  昨夜は、灯の下で土筆のハカマを取り除き、それを湯掻いて鮨酢で漬け込んでみた。
意外な鮮やかさを見せて、朝食の卓上を彩っていた。

雑誌もとどくかもしれないので、不足の封筒を買ってきて、また灯の下でラベル貼りをした。昨日の土筆のハカマ取りも今日の封筒の宛名貼りも、なんとなくオママゴトめいている。

ににんの封筒を透明な袋にしてからは、発送の手間が半減した。それよりなにより封筒の価格の安価なのが有難い。

雑誌を発行するにあたって、おのずと必要な最低費用というものがある。ににんも30人くらいになった時にようやく同人費ですべてをまかなうことが出来るようになった。現在は雑誌社への広告代金なども、その会費の中で賄われている。

土筆が一気に

2017年3月24日 金曜日

170324_1949~01 郵便局へゆく道すがら土筆を見つけた。一本みつけると次々と見つかるものだ。 やっぱり春が来た。

足の親指を骨折したことをブログで公開してしまったので、あちらこちらへご心配をおかけしてしまったが、3回目のレントゲン検査で、ズレる心配もなくなったので、あとは骨の修復を待つだけになった。

さすが、吟行の予定はすべてキャンセルしたが、それ以外の予定はいつも通りのままにこなした。親指を庇って歩くのは、思わぬ疲れ方をするものだ。何度マッサージに通ったことか。

明日あたりは「ににん」66号が印刷から上がってくるらしい。今回から今までのクロネコをやめて佐川宅急便になるというお知らせも届いている。大和運輸が一箱千円ほどの値上げをするらしい。

ににん66号入稿

2017年3月9日 木曜日

やっと本日無事に66号の入稿が済んだ。

その忙しさのためでもないのだが、一週間前の家の中で転倒して足の親指を骨折してしまった。別に急いだいたわけでもない。通り過ぎながら戸の開いているのに気がついて部屋に入ろうとしたら、ものすごい勢いで部屋の中に倒れこんでしまったのだ。

履いていたスリッパが脱げないで、敷居の段差を滑ったような気がする。そこで勢いがついたようだ。倒れこんだときも、「何なの、この衝撃は」、と思うほどだった。

病院で、ドクターの言うには結構複雑だよという。それで、ギブスで松葉杖をつくような成り行きになりそうだった。それを、頑強に断って隣の指を支えにしてテープで固定してもらうことになった。「来週必ずいらっしゃいよ」とドクター言った。さらに「ズレていたら手術だよ」という声が追いかけてきた。

さすが吟行は断ったが、それ以外の仕事は足を庇いながら一週間を過ごした。ズレていないように、と願いながら病院へ行った。またレントゲンを撮られた。その結果、少し亀裂の一部が薄くなっていて修復され始めていたらしい。なんといっても、ズレなかったのは良かった。

入稿も済んでいたので、晴れ晴れとした気分で病院を出た。66号と言えば季刊の「ににん」にとっては16年半が経ったことになる。20周年もあっという間に来そうである。

一月も終り

2017年1月30日 月曜日

1月もあっという間だった。⒈日2日までは寝正月だったが、3日にドライブがてらの秩父の初詣から始まって、小さな句会、大きな句会。そうして小さな吟行会、大きな吟行会があり、その間を埋めて新年会がいくつも続いた。

極めつけの大きな会が角川書店の新年会、そのあとに続く角川賞受賞の松野苑子さんのお祝い会。なんとなんとその会で「岩淵さん乾杯をお願いします」と言われた。

「だって、乾杯って長老がやるものでしょ」と目をパチクリしたが、どうも、あちら側のひとたちには私は、長老なのだ。そんなのやったことがない、と地団駄踏んでも誰も見てない。

苑子さんとは、吟行会の一つのお仲間として何年も続いているが、初対面はドイツだった。俳人協会の方々とドイツを巡ったときに、ケルンだったろうか、日本大使館の中でドイツの俳人たちと交流した。当時、近くに滞在していた苑子さんがお顔を見せたのだ。

お互いにその日のことを覚えていなかったのだが、アルバムを整理しているときに、彼女の手書きの名刺が出てきたのだ。20年くらい前のことだ。

そうして、二番目のパーテイが昨日。霞が関ビルの最上階で行われた句友の句集『金剛』の出版記念の会。著者草深昌子さんとは結社「鹿火屋」からの長いお付き合いだ。三十年くらいになるかもしれない。

年を取るということは、そういう長いながいお付き合いを重ねた人たちとの年月が増えるということなのだ。明日のカルチャー教室が済めば、一月は本当に終わってしまうのである。

ににん初句会

2017年1月9日 月曜日

170104_1006~03

3日は秩父の聖神社までドライブ。4日は初吟行で矢保天神に出かけた。なぜ句会の係りが谷保天神を選らんのか境内に入ってすぐ納得した。この神社は一年中鶏を放し飼いにしているのである。今年は酉年だ。

そうして、7日は新江戸川公園の施設内で初句会。そうして今日はににんの初句会。関西から飛行機で馳せ参じてきた方もいたので、にぎやかでお正月らしい華やぎも出た。

このににんの初句会も、年度初めには初詣をしているが、今年は近くの一陽来復のお札を出す穴八幡に出かけた。ここは冬至の日には、御札を受ける人の長蛇の列が出来る。今日でもまだ長い列が続いていた。

こんなにあちらこちらにお参りしてもいいものかと言われそうなので、お賽銭はしっかりあげてきた。

ににんも15周年が過ぎた。長くなるということはマンネリにもなるということである。何とか本当の意味で新しい展開があれば、と思っている。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.370 sec. Powered by WordPress ME