‘他誌からの転載’ カテゴリーのアーカイブ

炬燵から行方不明になりにけり    岩淵喜代子

2018年1月12日 金曜日

1月12日「日本農業新聞」  鑑賞・宮坂静生

可笑しくも哀しくも読むことができる。
炬燵での円居は心温める。それなのに不意に居なくなってしまったとは、炬燵一つが人生の縮図を思わせる。好きな人ができてあの人がここから消えてしまった。どこかへ行ったやら。あの風来坊は。

事はときに深刻。赤紙が来て戦地に連れて行かれた。どこに果てたのやら。あの人はついに帰って来なかった。こんな戦争体験は二度としたくない。炬燵詠の秀作。
(「句集『穀象』ふらんす堂」より)

鬼灯を鳴らせば愚かな音なりし   岩淵喜代子

2018年1月9日 火曜日

「濃美」2018年1月号
現代俳句月評    筆者・後藤ひさし

俳壇十月号「水柱」より
う―む、よくぞ言ってくれました。草笛やひょんの笛など草や実を使って音を出せばそれぞれに音色というものがありその巧拙を楽しむことが出来ますが、鬼灯を鳴らすという言葉と、その実際の音とには埋められない溝があります。空気を狭い穴から出すだけというこの不細工な音を「愚かな音」と切って捨てた作者も、実際に鳴らすのには苦労された方なのでしょう。

新米に赤子の匂ひありにけり   岩淵喜代子

2018年1月9日 火曜日

みどり児の瞳大きく雁わたし
うつむいて蟋蟀の声拾ひけり   (「俳壇」十月号より)

『絵硝子』平成30年 1月号
現代俳句鑑賞   筆者 高平嘉幸

一句目、新米に「赤子の匂ひ」とは意表をつく。確かに赤子の匂いは初々しく格別である。新米の匂いも青々しく新鮮である。作者は恐らくお孫さんでも授かってその喜びを詠ったのかも知れない。
二句日、この句は正に「みどり児」の誕生を謳歌している。「雁渡し」の季語が適切で、みどり児の将来が幸あれと願っていると見た。
三句日「蟋蟀」の鳴き声は、いかにも淋しい。その声を「うつむいて」拾ったという作者の心情が手に取る様だ。小動物に対する愛情が伝わってくる。

 

鬼灯を鳴らせば愚かな音なりし  岩淵喜代子

2017年12月23日 土曜日

「饗宴」2018年1月号
現代俳句の窓   筆者・渡辺 澄

(「俳壇」10月号より)

まばらに自生した鬼灯の一角があり、好んでその場所で女の子たちは遊んだ。種を出し、空気を吹き込む、唇にのせてしずかに押す、たったこれだけのこと、すぐ失敗するようなはかない遊びであった。音程は同じで、一音ずつしか出せず曲を奏でることはできない。古楽器の類の音色だ。

子どもの頃感じた音色とは明らかに違う、それは哀しみと寂しさを超えた哀歌であった。正直に生きてきた人々にとって、愚直な音であり、愛しい音色でもある。

脚二本顕にしたる羽抜鶏    岩淵喜代子

2017年12月1日 金曜日

「春嶺」12月号
現代俳句瞥見   筆者・縣 恒則

「脚二本」に焦点をあてて羽抜鶏を捉えた。しかも「顕にしたる」と、毛が
抜けて脚が殊更目立った羽抜鶏の特徴が見事に詠まれている。句を詠む場合、
その対象の何に絞って詠むかはとても大切なことだが、焦点の絞り方に
ヒントがあるようで、貴重な参考作品だ。
ーーーーーーーーーーーーーーーーー

「回廊」12月号秀句をたずねて
筆者・小谷一夫

「俳壇」十月号より。ずばり羽抜鶏の本質を掴み取って詠まれた句である。
羽抜鶏だとどうしても、羽が抜けたことを詠もうとするが、
この句は「脚二本顕にしたる」と詠まれると、
眼前に羽抜鶏が出現するのである。
象徴により具象が詠まれた句。
正に名人芸としか言いようがない句。

———————————————-
「松の花」12月号 現代俳句管見
筆者・平田雄公子

みすぼらしい換羽期の「羽抜鶏」であるが、特に、
羽毛の薄い「脚」では猶更である。しかし、
がっちりした「二本」の「脚」が「顕に」
精悍な肢体を見せている、次第。

天山へ首振りながら馬肥ゆる   岩淵喜代子

2017年10月30日 月曜日

「春耕」11月号 鑑賞「現代の俳句」  筆者・蟇目良雨

中国の西域に天山山脈が横たわっている。万年雪が地下に染みとおりカレーズとなり一帯の砂漠地帯に農業を齎している。秋の取り入れの喉に首を振りながら荷車を引いている馬なのであろうか、天山へ挨拶を交わしているように見えると想像できる。(ににん2017年秋号より)

避暑の宿椅子の形に身を添はせ   岩淵喜代子

2017年10月21日 土曜日

「ランブル」10月号・現代俳句鑑賞 筆者今野好江

『俳句四季』八月号 「かくれ里」より
夏に都会の暑さを避けて海山に涼を求める〈避暑〉。このたびは貴人の住みそうな山里の館であろうか。宿の椅子は籐製のものかも知れない。

籐椅子あリタベはひとを想ふべし  安住  敦
籐椅子に沈みてうすき母の膝    古賀まり子

宿の椅子は磨かれてはいるものの自然の窪みはいかにもと諾う代物である。〈椅子の形に身を添はせ〉という起居の静けさに惹かれた一句である。同時掲載に(空蝉として遺るなら透けるなら)。

 

「太陽」10月号 「秀句の窓」 筆者・吉原文音

リラックスした体が椅子と同化している。心地よさや安堵感が滲んでいる。

青梅のなか暗闇と思ひけり   岩淵喜代子

2017年10月20日 金曜日

「天為」10月号 現代俳句鑑賞  筆者米田清文

「俳句四季」8月号 かくれ里
梅雨に入る頃になると、梅の若葉がこんもり茂りその陰で実が丸々と太り、遠くからはわかりにくいが木の下に行くと葉がくれに累々と青い実が生っています。葉の色も梅の実も青く、一見すると区別がつかないときもあります。
掲句は青梅のなる茂った葉の中を「暗闇」といい、若葉の中の青梅の実の瑞々しさとその生命力を引き立ています。

春雷の次を待つごと立ち尽くす   岩淵喜代子

2017年8月25日 金曜日

「春嶺」8月号  現代俳句瞥見   筆者 縣 恒則

「春雷」は夏の雷と異なり、一つ二つで鳴りやむ事が多い。作者は、ゴロゴロと鳴った春雷を耳にし、次の雷鳴を待ってたちどまってしまったというのである。通常なら、次の雷は避けたいものだが、俳人の春雷への関心や好奇心が受け止められて興味深い。

三日月に吊しておきぬ唐辛子   岩淵喜代子

2017年3月14日 火曜日

「遠矢」4月号
現代俳句月評  筆者・景山 薫

「俳句」12月号「子規忌」より。 夜窓のカーテンを閉めるときの景ではあるまいか。凡人なら乾かしている唐辛子の乾き具合にしか目がゆかず、それを確かめただけで窓を閉めたであろう。しかし作者は違った。目線を上げ、くっきりとした三日月を見つけた。

白い三日月と真っ赤な唐辛子。この二つをドッキングさせるため、三日月を鉤に見立てた作者の炯眼。童話の一シーンになるようなメルヘンチツクな一句。

トップページ

ににんブログメニュー

HTML convert time: 0.296 sec. Powered by WordPress ME