句集「スモークツリー」と「アングル」

川島由紀子句集「スモークツリー」  1952年生  「船団の会」所属

ことばから言葉への着地の方法が、坪内稔典氏の主張である。この句集は、その飛躍が面白い。

 山を見て湖見てわたしふきのとう
 きさらぎの光のテイッシュつまみあげ
 横歩きする蟹と私と春の月
 打たれたい大夕立に尾びれまで
 ぎんいろの鱗で来なさい月の夜

        ~~~~~~~~~~~★~~~~~~~~~~~

小久保佳世子「アングル」   1945年生  「街」所属

  一億の蟻潰しゆく装甲車
 花種に似たる薬を五粒ほど
 熱帯身体の中を列車音
 きりぎりす遠き床屋へ行つたきり
 紫陽花は昨日の日本海の色
 真直ぐに冬木のままで待つてゐる

熱帯夜の中の列車音はまことに実感しながら、かつ詩を内包した風景。「真直ぐ」の物語性もまた想像力を膨張させてくれる。前記の「スモークツリー」と同様にこの句集名もカタカナである。そのカタカナを選ぶところから、この二つの句集の出発はありそうだ。

コメントをどうぞ

トップページ

ににんブログメニュー

アーカイブ

メタ情報

HTML convert time: 0.359 sec. Powered by WordPress ME